スポンサーサイト

  • 2014.08.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


一定期間更新がないため広告を表示しています




結婚式スピーチのよくある文例



JUGEMテーマ:恋愛/結婚


結婚式スピーチのよくある文例

友人の結婚式に出席するとなると
ちょっと緊張するのが、結婚式のスピーチ。
主賓の挨拶のあとあたりにプログラムされていますよね。

友人・新郎のために、しっかりしたスピーチをしたいと
思いますが、結婚式のようなフォーマルな場で
いいたいことを、まとめてスピーチするのは
なかなか難しいことですよね。
特に、あがり症の人とかには、新郎よりも心労
かもしれませんね(へたなギャグですみません)


結婚式スピーチの文例集なんていうものも
書店で見かけますが、利用できるのは
出だしと終わりの部分ぐらいで、
中身は、やっぱり自分で考えないと
だめですよね。


スピーチのポイントについてまとめてみました。

まずは、時間でしょうか?
経験上、長すぎるスピーチは効果としては
マイナスです。やはり、簡潔に、まとめたいです。
時間としては、長くて5分でしょうか。

はじめと終わりは例文集を参考にすれば
いいでしょう。

たとえば、

一郎さん、花子さん、ご結婚おめでとうございます。
本日は、こんなに素敵な結婚式にお招きいただきまして、
ありがとうございます。私は、新郎、一郎さんの
中学校時代からの同級生で、鈴木と申します。

中略

本日は、本当におめでとうござます。
おふたりの幸せを心からお祈り申し上げ、
ご挨拶とさせていただきます。

スピーチのコアは、新郎との思い出、新郎のすばらしい点
新郎とのエピソードなどを簡潔に、そしてユーモアを
取り混ぜてまとめることでしょう。

さあ、まずは、書店にいって
結婚式スピーチの文例集でも探してみますか?